カテゴリー別アーカイブ: 個別原価計算

変動予算と固定予算の基礎(製造間接費予算の設定)

製造間接費の予定配賦率の算定は製造間接費の予算を基準操業度で除して算定することになります。したがって製造間接費の予定配賦率を算定する場合には基準操業度と製造間接費予算を事前に決定しておくことが必要となります(基準操業度の決定については「基準操業度の設定」をご参照ください)。 続きを読む

平均操業度とは(基準操業度の決定)

基準操業度を決定する際に、その決定のもととなる操業度の水準には理論的生産能力・実際的生産能力・期待実際操業度・平均操業度の4つがあります。
このページでは上記4つの操業度水準のうち、平均操業度について基本的な考え方と計算例をご説明しています。 続きを読む

期待実際操業度とは(基準操業度の決定)

基準操業度を決定する際に、その決定のもととなる操業度の水準には理論的生産能力・実際的生産能力・期待実際操業度・平均操業度の4つがあります。
このページでは上記4つの操業度水準のうち、期待実際操業度(予算操業度)について基本的な考え方と計算例をご説明しています。 続きを読む

予定配賦率の算定

原価計算基準三三「間接費の配賦」においては、個別原価計算の間接費は原則として予定配賦率をもって各指図書(各製品)へ配賦するものとしています(製造間接費は予定配賦計算を原則と位置づけています)。 続きを読む